白い錠剤

便利に使える避妊薬

薬手帳の上の薬

避妊する方法としてよく用いられるのが「コンドーム」になりますが、コンドームは避妊を100%防いでくれるものではありません。
つまり、コンドームをつけてセックスをしても妊娠してしまうときはしてしまうわけです。
女性にとって妊娠してしまうというのは、かなりハイリスクなことだと思います。
もちろんその妊娠を望んでいた場合は別ですが、そうじゃない場合は精神的に参るレベルの出来事だといえるでしょう。
だからこそ、しっかり避妊していかなければいけません。

そこでもっとも使えるのが「アフターピル」という避妊薬になります。
セックスをよくする機会が多い人は、このアフターピルを持っておくことでかなり安心できると思います。
ただアフターピルという名前を聞き慣れない人もおそらくいるでしょう。
似たような名前のもので「低用量ピル」というものがありますが、おそらくこちらの方が聞いたことある人も多いはずです。

では低用量ピルとアフターピルではどのような違いがあるのでしょうか。
まず最終的に得られる効果についてはまったく同じものになります。
ただし、具体的な仕組みはまったく違います。

低用量ピルは簡単にいうと「事前に飲んで予防するタイプ」の避妊薬です。
これを飲んでおけば、そのあとにセックスをしても高確率で避妊することができます。
一方でアフターピルの場合は「セックス後に飲んで予防するタイプ」になります。
アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれ、たとえばついノリで生でセックスをしてしまったというような場合に使うことで避妊することができます。

カプセルと錠剤

副作用をまずは知る

どんな薬でもいえることですが、もちろんアフターピルにも副作用が存在します。だからまずはあなたも副作用の内容について覚えておいてください。また心配な人も、こちらを見てあらかじめ副作用の理解を深めておくといいでしょう。

白い薬

2種類のアフターピル

ひとことでアフターピルといっても、そこには2つの種類が存在します。アフターピルを使う際には、まずどちらの種類で避妊を試していくのかを考えていきましょう。それぞれの特徴について説明していきます。

白いカプセル

コンテンツ一覧

「低用量ピルよりも使いやすい?アフターピルという避妊薬を知ろう」のコンテンツ一覧です。」